DL2オプション

20Hz GPS

GPSの分解能が向上し、速度と位置の精度が向上しました。高度なPPPモードでインターネットから修正をダウンロードしてください。

DL2での20HzのGPS機能拡張は、競合他社のデータロギングシステムの中で最も簡単で最も正確なものです。 GPSは、1秒間に20回、補間や他の "トリック"なしで位置と速度を一意的に計算します。

ユニークなGPS技術は、当社のエンジニアが自宅で開発し、最も困難なレース環境でテストされています。精度はこの価格帯では決して短いものではなく、この点で実際には競合はありません。

高精度輸出

分析ソフトウェアだけでなく、外部アプリケーションでデータを使用する場合は、20Hzのデータを完全な精度で出力するための輸出ライセンスが必要です。このライセンスにより、GPSの緯度、経度、生の速度、位置、進行方向、勾配、速度、距離に対する出力解像度が向上します。

  DL2追加オプション

6g加速度計

6gの加速度計は、大きな空力補助装置を使用するアプリケーションに推奨されます。

GoPro HDビデオ同期

GoProコントロールオプションを使用してHDビデオと同期したDL2データ。含まれているソフトウェアライセンスは、データ解析によってHDビデオを可能にし、データはAnalysisソフトウェアからビデオをオーバーレイします。制御ケーブル(ヒーロー、ヒーロー2、ヒーロー3ホワイトに対応)を使用してGoProを制御します。 * GoProカメラは含まれていません。

ローサイドドライバと4つの余分なアナログチャンネル

ローサイド出力ドライバと4つの余分なアナログ入力は、DL2を使用して外部システムを自動的にオン/オフする場合に必要なオプションです。この制御は、単純なものでも、さまざまなチャンネルデータ間の複雑なカスタム式に基づくものでもかまいません。このオプションを使用すると、4つの追加のアナログチャネルも有効になり、合計12チャネルになります。

2番目のシリアルポート

2つ目のシリアルポートは、複雑なシステムの複数の入出力モジュールを組み合わせたり、1つのポートで低速テレメトリチャネルを駆動したり、2つ目のポートでビデオオーバーレイの高速出力を駆動するのに理想的です。シリアルポート2はデータのみを受信するためのポートで、シリアルポート1はデータの送受信を行います。

内蔵ECUインタフェース

DL2は、別個のインタフェースケーブルを必要とせずに、ECUからシリアルデータを直接デコードするために使用できます。この機能により、よりシンプルで簡単なインストールが可能になり、別のインタフェースを使用するよりも多くのチャネルのデコードが可能になります。必要なだけデータをロギングするか、ロギングするために、チャンネルを有効または無効にします。未処理のシリアルデータを4800,9600、および115200のボーレートで記録すると、障害の診断と開発に役立ちます。互換性のあるECUと利用可能なチャネルに関する情報は、ナレッジベースで入手できます。 ここに

CAN通信(CANポートを有効にする)

CAN受信(15チャネルライセンス):
このオプションを使用すると、車両メインCANストリームまたはCANベースのアフターマーケットECUのCANデータをデコードできます。このデータは、シリアルポートへの保存または送信のために任意のRTチャンネルにマッピングできます。最大105台のCANがユニットのチャネルを15の倍数で受信します(£100のライセンスで15チャネルが得られます)。 .dbcファイルを使用してロード可能なメッセージ。最大1Mビット、11または29ビットのアドレッシングのデータレート。

CAN伝送:
このオプションを使用すると、ユニットはCANバス上の任意の内部データチャネルをコンフィギュレーションによって決定された速度で送信できます。 .DBCファイルには、サードパーティのCAN受信システムで使用するためのデフォルトのチャネルデータとデコード情報が提供されています。 CANバス上の送信データは、内部センサ(GPS、加速度計、ジャイロ、アナログチャネルなど)から、またはシリアルインタフェースに接続されたECUインタフェースまたは他のユニットからのシリアル入力からのものです。各チャンネルの伝送レートは、100Hzまでのレートで個別に設定できます。送信は、29ビットまたは11ビットのアドレッシングをさまざまなボーレートで使用できます。

CANの送受信は両方とも同じポートで指定できます。各ポートは同じボーレートで動作する必要があります。別々のレートが必要な場合は、2番目のCANポートを使用することをお勧めします。

RAW CAN受信

11ビットか29ビットかにかかわらず、車両のCANバスデータ全体を受信し、記録します。 DBCファイルを使用してAnalysisソフトウェアでデコードします。データロガーを事前に設定する必要はなく、ソフトウェアで簡単にログとデコードを行うだけです。 CANデータのリバースエンジニアリングと複数の車両での使用に最適です。 1000Hzロギングオプションを使用すると、最高1000Hzで未加工のCANを記録できます。

2番目のCANポート

より多くのCANデータを送信または受信するための2番目のCANポートを追加します。別のソースからCANデータを受信し、外部機器をCAN出力と統合し、残りのデータと同期させるのに最適です。

PWM出力コントローラ+アドバンスド周波数入力

PWM(Pulse Width Modulation)出力コントローラは、ユニットが段階的な信号で外部システムを制御できるようにします。それは1〜100%の間のどこにでも置くことができます。水注入システムなどに最適です。このオプションでは、パルスカウント、パルスハイタイム、パルスロータイム、パルス位置、デューティサイクル、マークスペース比を可能にする高度な周波数入力も可能です。詳細はこちらをご覧ください。 ここに

100Hzライブスピードの強化

DL2にはライブスピードのオプション出力があります。このオプションは、GPSシステムと内蔵の加速度計からデータを取り込み、カルマンフィルタを使用してそれらを結合し、最大100Hzで更新されたリアルタイム出力を提供し、橋や建物などのGPSの短時間停止に耐性があります。より多くの情報が利用可能です ここに

1000Hzデータロギングの強化

センサチャンネルの1000Hzサンプルレートで急激な変化を測定します。正確なサスペンション解析には不可欠です。高いサンプルレートでは、サスペンションポジションの測定と同様にショックレートの計算が可能です。 Raw CANオプションを使用すると、1000HzまでのCANチャンネルのロギングが可能になります。